あなたは痩せるために必要な優先順位を守れていますか?



先日、友達とカラオケに行った時のことです。


ある友達が
「俺本気でダイエットします!」
唐突にそう宣言しました。


「え、こいつダイエットしないといけないほど
 太ってんのか?」
と最初は疑いました。


なぜならその友達には


たくさん食べている
とか
暴飲暴食

などのイメージが無く
少し体が弱い印象すら見受けられるくらいだからです。





ですが話によると
自分と身長が同じぐらいなのに
体重は70kgを越えているといいます。


今まで60後半だったのが
最近になって70を越すようになってきたとのこと。


普段よく運動をしていて
その増えた体重が筋肉量・・・
であれば「良いね!」で話は終了なのですが


その友達は特に運動はしていないとのこと。


・・・もうこれは
「良いね」どころか「ヤバイ!」と
自分事のようにそう感じました。


こいつマジで太ってきたのか…
そう信じるのと同時に


普段から心がけて生活するかしないかで
こうも違うものかと身近に実感しました。


その友達が太ってきたのはなぜだろうか


実際にその友達の生活習慣を覗いたわけではないので
ダイレクトに「○○が原因だ」と指摘することはできません。


一般的に言えば原因は色々あるのでしょう。

間食
夜更かし
運動不足

・・・は代表的ですが

細かいものまで挙げていけばキリがありません。


ですが僕自身

間食は毎日のようにするし

今年に入ってからは夜更かしの頻度は高く

これといって特に何か運動しているわけではありません。

時間に余裕があるときはなるべく歩くようにしているのと
夜2~7分ほどストレッチしてから就寝するようにしているぐらいです。


にも関わらず自分は太っていません。
太っているどころか痩せています。
身長173.5㎝で体重54kgです。(痩せすぎってよく言われます笑)






え、自慢ですか?

そんなの
あなたが単に“運が良い人”なだけでしょ?


と言われてしまえばそれまでですが


今回はまあそう言わず
ちょっと僕の話に付き合ってください。
思わぬヒントが見つかると思いますので(^^;


当ブログをお読みいただき誠にありがとうございます!
武山晴洋です。最近「得損」という番組で紹介されていた
小林シェフのチャーハン作りにハマっています。


材料・作り方はとてもシンプル!
味もなかなか。
いよいよ次で16回目になるでしょうか・・・
ですが、未だ上手くパラパラに出来ません(笑)
シンプルゆえに奥が深いということか。。
(挑戦は続く)




では
本題に入っていきますが


自分は別に
太っていないことを自慢したいわけではありませんし

❝運の良い人❞でもありません。






間食
夜更かし
運動やや不足気味

にも関わらず痩せている…というのは本当ですが。


本当に運の良い人というのは


コーラと肉が大好物
野菜果物こんにゃく魚は嫌いなので基本食べないのは当たり前
加えて夜更かしは日常茶飯事…


こんなデタラメな生活を送っているにも関わらず
自分より身長が5㎝高くて体重は60kgいっていない

2歳年上の僕の従兄弟のような人のことをいうのです。


(正直ちょっと羨ましい!笑)






まあそれはさておき

自分は


普段から心がけて生活するかしないかで
こうも違うものかと身近に実感した

と前述しました。


間食
夜更かし
運動やや不足気味


そんな生活を送っているにも関わらず
僕が太っていないのは


普段生活するうえで心がけていることがあるからです。


もっというと
その心がけていることが


間食よりも
夜更かしよりも
運動不足よりも


重要
なのです。


じゃあ、その心がけていることとは何か?


それが
今・この場で・あなたに
是非知って頂きたいこと


すなわち本日のポイントなのです。


本日のポイント



それは


「痩せるために必要なのはまず、食べる物を見直し、変えること」


です。 



(既に痩せている方は
 今の食習慣を「継続すること」が重要となります。)



一口に「痩せる」と言っても


痩せるためには

食事制限をしよう
間食はお菓子ではなくプロテインやアーモンドを食べよう
朝食を抜こう

あるいは朝食はきちんと食べよう
昼食に限り好きなものを食べよう
糖質中心の食事は避けよう

水分はしっかりとろう
ソフトドリンクは避けよう
青魚や納豆を積極的に食べるようにしよう

こまめにストレス発散しよう
一日30分ランニングをして基礎代謝量や体温をあげよう
炭水化物はおかずと一緒に食べよう

夕食は控えめに…

こういう感じに
たくさんの情報で溢れていますよね。


ですが、よく見ると
結局それらの情報が伝えたいのは
大きく分けて2つ


「食事」と「運動」です。


そう、痩せるには
食事と運動
これらを見直し、変える必要がある


ということを


「青魚や納豆を積極的に食べるようにしよう」
「一日30分ランニングをして基礎代謝量や体温をあげよう」


というように
色んな角度から仰っているだけなんですね。


ですが、前述の通り


運動不足よりも
僕が普段生活するうえで心がけていること
のほうが重要である


その心がけていることすなわち
本日のポイントである
「食べる物を見直し、変えること」


これが重要だとお伝えしております。





つまり、世間一般に
痩せる為には食事と運動を
改善する必要がある


…と、あたかも食事と運動の優先順位が
一緒であるかのように言われていますが


一緒ではなく
「食事」が優先事項である
というのが僕の考えです。


僕がそう語るワケは


私達の体は自分自身が食べたもので出来ている
という考え方が根底にあるからです。



例えば、ある人が太っているとする。


今の考えをもとにすれば
そのある人が太っているのは
自分が今まで食べてきたものが原因ということになります。


また、ある人は痩せているとします。


そのある人が痩せているのも
自分が今まで食べてきたものが原因なのです。


一方、運動は


運動していなくて太っている人はいても
運動していて太っている人はそうそういません。


このことから運動が大切であることは言うまでもありません。





ですが、運動していて痩せている人もいれば
運動していなくて痩せている人もいます。


僕が問題にしたいのはここなのです。


私達の体は自分自身が食べたもので出来ている
という考え方に基づくと


前述の通り
❝運動していなくて痩せている人❞が痩せているのは
自分が今まで食べてきたものが原因です。


であれば
太っている人が痩せるために必要なのはまず


「今まで食べてきたものを見直し
 痩せている人が食べてきた(食べている)
 ものを見習い、今後食べるものを変えていく」


すなわち「食べる物を見直し、変えること


ここに帰結するのです。


よって、食事と運動の優先順位は一緒ではなく
「食事」が優先事項である
というのが僕の意見であり考えです。





「食べる物を見直し、変えること」


これだけで体が変わるのです。
僕はそう信じております。
とてもシンプル。難しいことはありません。



もちろん
運動や睡眠も大事です。
ないがしろにしていいと言っているわけではありません。


敢えて優先順位を付けるとしたら
運動や睡眠よりも「食事」が先にくるよ
ということを申し上げているのです。


なので

「痩せるために必要なのはまず、食べる物を見直し、変えること」

次に運動・睡眠が来るのです。


この優先順位を誤ると
せっかくの運動や睡眠も
無駄に終わってしまう。


もし僕がダイエットする必要のある立場だったら
無駄に終わらせてしまうなんてのは嫌です。


皆さんはどうでしょうか。
この優先順位、守れていますか…?




本日も当ブログに訪問して下さり、誠にありがとうございます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。